Ruby on Rails on Ubuntu 11.04

Ubuntu 11.04にRuby on Railsをいれました。

ちょっぴり苦戦したんで、いつでも同じ環境を構築できるようにメモを残しておきます。
やることは、
RVMのインストール
Rubyのインストール
gemsetの設定
railsのインストール
です。

まずは、このブログ(http://kiyorin-net.blogspot.com/2010/05/ubuntu-1004-ruby-on-rails.html)を参考に、

$ sudo apt-get install gcc
$ sudo apt-get install build-essential
$ sudo apt-get install bison byacc gperf
$ sudo apt-get install zlib1g-dev
$ sudo apt-get install libreadline5 libreadline5-dev
$ sudo apt-get install libncurses5 libncurses5-dev 
$ sudo apt-get install libssl-dev
$ sudo apt-get install sqlite3 libsqlite3-dev
$ sudo apt-get install curl

とうって、RubyだとかRailsの依存しているもの(?)をインストールしとく。
次に、rvmってのをインストールするんだけど、
ググると

bash < <(curl -s https://rvm.beginrescueend.com/releases/rvm-install-head )

って打てってのが多く。これどおりにやっても、うまくいかない。
どうも、すんげえ頻繁にurlが変わってるみたい。
今はhttps://rvm.beginrescueend.com/install/rvm ですが、また変わるかもしれません。
エラーを吐くようなら、RVM: Ruby Version Manager – Installing RVMを覗いてみてください。

それから、以下を~/.bash_profileに追記。もちろん~/.bashrcでも問題ありません。
(どうやら、bashrcとbash_profileの違いは、ターミナルを立ち上げる度に実行されるか、ログイン時に実行されるか、という違いみたい)

# This loads RVM into a shell session.
[[ -s "$HOME/.rvm/scripts/rvm" ]] && . "$HOME/.rvm/scripts/rvm"

ここまで終わったら、ターミナルを再起動して、
$ type rvm | head -1
とうつ。
んで、
‘rvm is a function’もしくは’rvmは関数です’なんて表示されればおkです。
なんか違うのが表示されたらどうするか。ググレカス。

これでRVMのインストールはおk。
(Ruby Version Managerだっけか?複数のバージョンのRubyを競合させずに管理するためのモンです)

つづいて、RVMからRubyをインストールします。
今回は、1.9.1と1.8.7をインストールしました。
$ rvm install 1.8.7
$ rvm install 1.9.1
ちょびっと時間かかるよ。

無事Compileまで終わったら、
$ rvm use 1.9.1
だとか
$ rvm use 1.8.7
とやると、使用するRubyのバージョンを切り替えられるようになります。
デフォルトで使うのを1.8.7にしとく場合は、
$ rvm –default use 1.8.7
とやっときます。

ここで、
$ which gem
とうってみれば直ちにわかることですが、
.rvm/ 下にgemがあります。
んなので、gemはapt-getしなくていい。

railsもバージョン切り替えられると便利だよね、ということで、その作業を以下でやります。

まずは、gemsetってのをつくってやります。
今回はrails 2.3.8とrails 3.0.3をインストールしますので、わかりやすいように
rails238ってgemsetとrails303ってgemsetをつくっときます。

$ rvm gemset create rails303 rails238

なんかひとつERROR吐きましたけど、問題なさげです。心配だったらググって。

つづいて、それぞれのgemsetにrailsをインストールします。
まずは2.3.8から。
$ rvm gemset use rails238
$ gem install rails -v 2.3.8

同様に3.0.3も。
$ rvm gemset use rails303
$ gem install rails -v 3.0.3

じみーーーーに時間かかります。応答なさげにみえても、数分待つ。

最後にrailsが正しくインストールされていることを確認します。
$ rvm gemset use rails303; rails –version
Rails 3.0.3

$ rvm gemset use rails238; rails –version
Rails 2.3.8

これで、Ruby on Railsのインストールはおしまいです。

みかえら について

SE見習い 好奇心は強いけど、何事も面倒がる。 甘いものが全てに優先されるけど、最近体重がこわいので控えてる。
カテゴリー: 言語, Ruby パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中